新大阪建設業許可申請代行センター/建設業許可申請・登録/大阪・兵庫/尾木行政書士事務所
     

  大阪市淀川区西中島5−7−17−402
      新大阪駅から徒歩5分
      尾木行政書士事務所
   TEL 06(6829)6793
営業時間9:00〜18:30 土日祝日も対応可
本文へジャンプ無料お問い合わせフォーム
新大阪建設業許可申請代行センターは尾木行政書士事務所が運営する建設業許可に関するお役立ちサイトです。建設業許可申請は専門の行政書士にお任せください。
本文へジャンプ

建設業許可取得にかかる費用
建設業許可を取得するにあたってかかる登録免許税および許可手数料は、以下のようになっています。

  大臣許可 知事許可
一般または特定のどちらかのみの申請 一般と特定の両方の申請 一般または特定のどちらかのみの申請 一般と特定の両方の申請
新規
許可換え新規
15万円
(登録免許税)
30万円
(登録免許税)
9万円
(許可手数料)
18万円
(許可手数料)
般・特新規 15万円
(登録免許税)
   9万円
(許可手数料)
  
更新 5万円
(許可手数料)
10万円
(許可手数料)
5万円
(許可手数料)
10万円
(許可手数料)
業種追加 5万円
(許可手数料)
10万円
(許可手数料)
5万円
(許可手数料)
10万円
(許可手数料)
更新+
業種追加
10万円
(許可手数料)
15万円か20万円
(許可手数料)
10万円
(許可手数料)
15万円か20万円
(許可手数料)
※納付した登録免許税は不許可となった場合還付されますが、許可手数料は還付されません。
※許可換え新規とは、今までもっていた許可の許可行政庁が変わる申請のことです。営業所の移
  転・増減によって変わります。例:知事→大臣、大臣→知事、大阪府知事→兵庫県知事
※般・特新規とは、今まで一般建設業許可のみ持っていた建設業者が、特定建設業許可申請をす
  ることや今まで特定建設業許可のみ持っていた建設業者が、一般建設業許可申請をすることをい
  います。

 この他にかかる費用としては、商業登記簿謄本・登記されていないことの証明書・身分証明書・納税証明書・ 印鑑証明書などの実費分です。

 例えば、当事務所に[法人・知事許可・一般建設業・新規申請]を頼んだ場合にかかる総費用は

 90,000円(許可手数料)+実費+162,000円(当事務所報酬)=247,500円+実費(数千円)
 となります。

 当センターの報酬額についてはこちらをご覧ください報酬額表